[特集]魅力的なアーティストの素顔を知りたい!〜Styles&Storys〜
Profile AN-CO(あんこ)
造型作家。 モノクロームの世界観の中に単色をプラスした立体作品やイラストレーションを展開。「かわいいだけではないもの」がテーマ 。デザインフェスタを拠点に同ギャラリー内 空間ペインティング、グッズ制作・販売などで活動中。
URL  MARBLE.TV
【活動履歴】
デザインフェスタ出展/GEISAI出展/ART WAD'Sグループ展参加/デザインフェスタギャラリー内装ペインティング /TBS作品提供/宇宙百貨グッズ販売/雑誌/フリーペーパーイラスト/CAFE展示/名刺イラスト制作/CDジャケットデザイン etc...

data
●好きな食べ物は?
チョコレートケーキ&黒蜜。
●自分を色にたとえると?
アイボリー。
●お気に入りのモチーフ
ウサギ。
●つくってみたいもの
見上げるほどの大きなオブジェ




data
★オリジナルグッズ販売中★
【宇宙百貨 渋谷店】
〒150-0042  東京都渋谷区宇田川町4-9 くれたけビル1F 宇宙百貨内 TEL03-3770・1929
アーティスト特集タイトル
メインの画材は?
最近は立体作品が多くなってきたのですが、イラストレーションは手書きで下絵を描いて、トレース代の上でペンを入れます。ペインティングにマッキントッシュを併用する感じ。専門学校でいろんな画材を扱うことで、そのおもしろさにはまって、パソコンだけでなく、水彩などいろんな画材を使うようになりました。
人形やオブジェには、粘土を使っています。作品によって違ったりするんですが、乾くと陶器になる素材とか色の乗りやすい、発色のいいものをチョイスします。洋服は布を着せながら接着していきます。粘土で服をつくることも考えたんですが、ファッションが好きなのでいろんな洋服を着せたくて。
創作スタイル誕生
ドールや雑貨などは、2年くらい前からつくり始めました。 絵を描くのが好きで専門学校に入ったんですが、学校の授業で立体作品をつくったのがキッカケです。もともと粘土は好きだったんですけど、授業の中で扱ってみて、そこで改めてアートのジャンルとして意識した感じです。「立体って面白い!」って。
色使い、モチーフなどのこだわり
好きな色は、黒。女性が着ると色っぽさがでたり、引き締まったり、インパクトのある色だから。作品つくってても、自然と手に取る色ですね。モノトーンの世界が好きで、黒と同じくらい白も好きです。黒+白にレースを合わせたりすると、ゴシック調のイメージに受け取られたりもするんですが、”綺麗”とか"かわいらしさ”だけじゃない、プラスアルファのスタイリッシュな雰囲気が出せたらな、と思ってます。  お気に入りのモチーフはウサギ、女性など。なめらかな曲線と透明感のあるものがすごく好き。 単純に「かわいい」ものよりも、内に秘めた不思議なものとか、ちょっと怪しいミステリアスな雰囲気に魅かれますね。 マンガの登場人物でいうと、正統派ヒロインより一癖あるキャラの方が好きだったりします(笑)
インスピレーションはどんな時に沸いてくる?
ショッピングをしていて出会ったものとか、面白いものを見た時。わあ〜って感動した時。
あとは、映像とか格闘技とか、ちょっと違ったジャンルのことにも興味を持って好きなものを楽しみます。アートもやっぱり音楽とかと一緒で楽しむものだし。違う場所を覗いてみることで、自分を客観視できるんです。日々のなんでもないことが創作につながっていたりする。
創作活動への想い、これから挑戦したいこと。
少しずつ表現の場が広がってきたけれど、まだまだスタートしたばかり。これからもっともっとアートの比重を増やしていきたいです。
ただ、ひたすらつくるっていうよりもいろんなものに目を向けて、感動したり、リフレッシュしたりってことを大事にしたい。

今後挑戦してみたいのは、他ジャンルのアートとのコラボレーション。室内ペインティングも楽しんでやらせていただいているので、すごく大きなオブジェなんかもつくってみたいです。ハッとするようなインパクトのあるものをつくってビックリさせたい(笑)。

デザインフェスタギャラリー(東京・原宿)
室内のペインティング
作品創りの中で大事にしていることは?
思い入れを持ってもらえる作品づくり。若いファンはもちろん、大人世代が身につけられるグッズやファッションなどもつくっていきたいです。自分と違う路線の人にも「かっこいい」って思わせるようなスタイリッシュさを表現していきたい。
7月にイベントに出展するので、ファッションデザインも新作を制作中です。
お近くの方はぜひ遊びにきてください。
exhibition 「アートとファッション」AN-CO×REIKO+K
MAISON D'ART SHUKUGAWA(兵庫県)にて企画展を開催します。
2006年7月15日(土)・7月16日(日) ⇒詳細はこちら
※終了いたしました
2006/07/01 update
BACK
CLOSE
NEXT
(c)singpoosha.All rights reserved.